若はげの原因は生活習慣の乱れやストレスとも言われています。

 

AGA治療の前にチェック!人気のAGAクリニックまとめ

 

確かに生活習慣が乱れることによって毛髪の成長にも影響してきますし、ストレスも毛根の活動を低下させたり血流を悪くさせて薄毛リスクを高める原因です。しかし、他にも原因としてAGAも考えられます。

 

AGAは主に中高年以上になると顕著に見られる脱毛症ですが、必ずしも中高年以上だけが発症する症状ではありません。10代の後半から症状が出ることもありますので、若くして目立つ薄毛になるようなこともあるのです。
若者でも発症してしまうのは原因が男性ホルモンにあるからと言えます。男性ホルモンは誰でも持っていますので若者でも発症することがありますし、実際に薄毛やハゲに悩む若者も珍しくありません。

 

しかしながら若ハゲは対策次第で改善することが可能です。歳を取ってしまうと毛根の活動が弱まりますし、また身体の様々な細胞の衰えが起こりますので改善が難しくなりますが、若者の場合は細胞がまだまだ活発に活動しています。ですから適切な対策をすることで改善することもできます。

 

対策方法としては発毛剤を中心に使用するのが良いと言えるでしょう。AGAの場合は内服薬を用いて対策をするのがポピュラーではあるものの、内服薬には副作用があります。男性機能が低下するといった重い副作用がありますので、若い内から使用するのはあまり良くないこともあるのです。

 

発毛剤に関しても副作用がありますが、しかし主な副作用は頭皮に関係するものであり、身体の機能に影響を及ぼすようなリスクは低いとされています。安全に対策をすることも大事ですからリスクの低い発毛剤から使用した方が安心と言えます。

 

発毛剤だけに頼らずに生活習慣やストレス対策もきちんと行うことが大事です。AGAは薄毛を促進する原因の一つにしか過ぎず、生活習慣の乱れなどが加わってしまうとさらに症状が進行し易くなります。その為、若ハゲの全ての原因に対して対策をしていく必要があるのです。

今の時代、薄毛や抜け毛で悩まれる方は増えているのではないでしょうか。

 

AGA治療の前にチェック!人気のAGAクリニックまとめ

 

多くの方はまず、育毛剤を考えるかもしれません。今、世間で注目されている病気にAGAがあります。いわゆる男性型の脱毛症です。最近は、女性の中でも注目されている脱毛症はとても気になり、コミュニケーションの妨げになります。では、AGAの治療薬で効果のあるものは?ネットで情報提供されている中で、おすすめ人気ランキングにあがっているものがあります。ミノキシジルとプロペシアです。これらの治療薬の効果と副作用はどのように報告されているのでしょうか。まずミノキシジルですが、一般的に報告されている内容は次のようなものです。

 

ミノキシジルは血管拡張という作用から、少なくなった毛を発育促進させる育毛剤としての効果があります。しかし、その効果は少し強いため血管拡張が血圧低下をもたらすことになります。持病に心臓疾患や血圧が低下しやすい状態にある方は使用するにあたって十分に注意する必要があることです。また必要以上に毛が濃くなる多毛症を伴うこともあるようです。

 

プロペシアは、別名がフィナステリドと呼ばれている発毛治療薬です。もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として使われてきた薬として知られています。プロペシアは元来、発毛に作用する薬ではありません。抜け毛対策として使われたり、残った毛髪自体を強くするといった作用の方がより印象的な薬です。プロペシアはAGAに対する効果は報告されていますが、ストレス性の脱毛症や放射線治療での脱毛には効果は認められていないとされています。これらの薬は今、注目されています。

 

これらの薬には、それぞれメリットとする効能があげられていますが、短期間での効果は望めません。統計的には、2〜3年間の投与で効果を認めるといった報告がされています。まずは継続使用することで抜け毛を予防し、育毛促進を期待したいところです。禁忌として、服用してはいけない方も記載されていますので、使用される際には、注意事項を読まれることをおすすめします。的確な使用方法で効果を実感されてください。

 

・名古屋の薄毛治療(AGA治療)で評判の良い病院・クリニック

 

AGAの治療方法にはどんな種類がある?

 

AGA治療の前にチェック!人気のAGAクリニックまとめ

 

AGAはテレビのコマーシャルでも流れるようになり、広く知れ渡るようになりました。男性型脱毛症のことを言い、AGAは普通の脱毛と違い進行性です。早い人では思春期の頃から徐々にはじまり、額や頭頂部が薄くなってしまいます。AGAの原因は一つではないですが、大きな原因として考えられているのは男性ホルモンで、男性ホルモンが多くなるために脱毛が起きています。この他の原因としては飲酒や喫煙、偏った食事、睡眠不足、ストレス、遺伝といったこともあります。

 

AGAの治療法はプロペシアやミノキシジルといった薬を使うことが多いです。プロペシアは男性ホルモンを抑制するので、薄毛の進行を遅くする効果があります。ミノキシジルは血流が良くなるので、毛根まで栄養を行きわたらせることができます。どちらもすぐに効果が出ないので、最低でも半年は使用しなくはならず、1日忘れてしまうと脱毛が進んでいくことがあります。副作用も若干見られ、性欲の減退や、かゆみ、じんましんなどがあります。

 

この他のAGAの治療としてはAGA幹細胞再生治療、頭皮に薬剤を注入する方法などがあります。AGA幹細胞再生治療は幹細胞成長因子を頭皮にまんべんなく噴射をして行う方法で、注射を使用することはありません。どちらの方法も成長因子を使用するため、薬剤に比べると治療費が高くなります。この他には医療用のシャンプーを使用したり、植毛をしたりという方法があります。

 

AGAは進行していく薄毛のため、進行を止めるには継続して薬を使う必要があります。ミノキシジルやプロペシアは一回やめてしまうと、さらに進んでいく可能性があるので、忘れずに使うようにしましょう。また、家庭でできることとして、脂っこいものを食べないなどの食生活の改善、喫煙を控える、リラックスする時間を作り、ストレスをためないといったことがあります。特に喫煙はニコチンにより血管を狭くしてしまい、頭皮に栄養が行かなくなってしまいます。発毛を考えている時は控えると良いでしょう。

AGA治療を受ける時にはまず遺伝子検査や血液検査などを行います。

 

AGA治療の前にチェック!人気のAGAクリニックまとめ

 

体質によって薬の効き易さが違ってきますし、そもそもAGAが原因の薄毛なのかを調べなければいけません。なお一般の病院で受けるAGA治療ですと、この段階は省かれることもあります。その点、AGA治療の専門病院ですと細かく検査をしてくれますので安心感があると言えるでしょう。

 

続いて薬を処方されることになりますが、病院によって薬の内容が違ってきます。一般病院でも専門病院でもAGA用の内服薬を処方するのは共通しているものの、一般病院ですと内服薬のみの処方で終わることがあります。専門病院の場合ですとその他にも外用薬やビタミン錠、抗炎症剤なども適宜処方してくれますので、より濃密な治療を受けることが可能です。

 

その後は定期的に通院する必要がありますが、一般病院ですと数ヶ月に一回の通院のところ、専門病院ですと毎月の通院が必要になることがあります。専門病院ですとその都度、症状に関してチェックをしてくれますので、薬の有効性を確認できたり、また効き目がない時には対策法を変えてみるなど、それぞれに合わせて適切な治療を提供してくれます。

 

治療期間はどの程度になるのかと言えば、人それぞれによって違ってきますので一概に言うことはできません。数ヶ月程度の治療で発毛が確認できるケースもあれば、何年も掛かるようなことがありますので、時には非常に長い時間を要することがあるのです。

 

ただ、基本的にはずっと治療を受けるスタンスでいなければいけません。仮に回復ができた場合でも、それは薬の力によって回復ができています。そして薬の活用を止めてしまうとまた元に戻ってしまう可能性があるのです。したがって薄毛対策をする限りは薬が必要ですし、定期的に病院は利用する必要があります。しかしながら薬に関しては個人輸入で購入することもできますので、ある程度回復させることができたら自宅で対策をするというケースも少なくないようです。

5αリダクターゼの働き

AGA治療を行うなら、5αリダクターゼの働きについて理解しておく方が良いでしょう。

 

AGA治療の前にチェック!人気のAGAクリニックまとめ

 

AGAの原因と言われているのは、テストテロンという男性ホルモンの分泌量が多いということです。テストテロンは精力や筋肉をつけるなど男性らしい体つきのためには必要なホルモンで、男性ホルモンの90%以上を占めているものです。髪の毛を太くする効果があるため、育毛や発毛には必要なホルモンです。しかし、テストテロンが身体の中に存在する酵素の一種と結合すると、抜け毛を増やしてしまうジヒドロテストテロンに変化してしまいます。ジヒドロテストテロンはテストテロンの20倍ものパワーがあると言われており、ジヒドロテストテロンが生成されてしまうと男性ホルモンの働きが強くなりすぎて仕舞うのです。

 

このテストテロンをジヒドロテストテロンに変化させる酵素が、5αリダクターゼなのです。ジヒドロテストテロンは毛母細胞の受容体に結合し、髪の毛が抜ける働きを促進させてしまったり、皮脂を大量に分泌させることで毛穴を詰まらせ、髪の毛が育ちにくい環境を作り出してしまいます。また、5αリダクターゼが額と頭頂部の皮脂腺などから分泌されるため、AGAと呼ばれる脱毛の症状の場合にはこの2か所の抜け毛や薄毛が進行して行ってしまうのです。

 

そのため、AGA治療では男性ホルモンの分泌量を抑制しながら5αリダクターゼの抑制を行うための投薬などが行われます。5αリダクターゼの分泌量が減り働きが抑制されれば、テストテロンが多く分泌されていてもジヒドロテストテロンの生成量が減少するため、抜け毛が減り、AGAの治療や改善の効果が期待できるのです。また、5αリダクターゼが生成され働きが抑制されなくなると、またAGAは進行してしまう可能性があります。そのため、AGA治療をおこなっている間に髪の毛をしっかりと育てながら、5αリダクターゼの生成を抑制する生活習慣にしていくことも重要です。